投稿日:

子育てしながら働ける!?子育て中のお母さんが働きやすい環境とは

保育園に預けてから出社する毎日

主人の稼ぎが悪い家庭では奥様も働きに出なければならないケースもあります。子供が生まれたばかりだと言っても生活するためには働いて稼ぐことが必要です。最近は母子家庭の家もあり、赤ちゃんを抱っこしながらの出勤風景も珍しくなくなっています。働くお母さんは職場に行く前に多くの人が行くところは保育園です。子供を預けてからの出勤し、会社の勤務時間が終えたときに迎えに来て一緒に帰宅するのがパターンになっています。

勤務時間や仕事内容を考慮する企業

この保育園も開園の時間が決まっているために、子育て期間中は働きながらも、その働く時間を会社側に考慮してもらい、保育園の時間に間に合うような対応をしています。会社側も最近では子育て支援のひとつの施策として勤務時間の短縮であったり、ある一定期間は仕事内容をより軽度なものに変更する企業もあります。仕事以外に家庭に戻ってからの家事をする時間と体力のコントロールまで考慮してくれる企業も、今では珍しくなくなっています。

保育所が併設されている安心感

このような子育て支援は、積極的に実施している企業においては、企業内に保育所を設置しているところもあります。特に人材が不足している病院の看護師の場合には院内保育所をつくり、休憩時間は子供の面倒を見れる位置関係にいれるように配慮しているところもあります。子育て中の看護師は、勤務時間も安心し働くことができるために、多くの子育て中の看護師が集まってきて、人材不足が解消しているところもあります。子育て中の人材も働ける環境を整備することが必要で、できているところには多くの人材が集まってきています。

シングルマザーの仕事は、勤務時間などの要望が多くなってしまいます。コンサルタントを介して求人を紹介してもらうことによって問題をクリアにすることができます。